人手不足を解消するため求人も増えている物流業界

人手不足を解消するため求人も増えている物流業界

好景気と不景気は表裏一体の存在になり、経済が回ることで現実的な受注や発注が増加します。
物流は製造現場と小売りを繋ぐ橋の役割をしていますので、好景気の時には一気に忙しくなりますから人手が不足している状態になりやすいのです。
とくに不景気が続いて採用が控えられている時期には、物流業界は最小限の人数で現場を動かしています。
好景気になった時には最小限の人数から人を増やすことはワンテンポ遅れるので、現場の負担は大きくなってしまうのです。
だから物流業界の求人が増えた時には好景気に入っていると考える経済評論家も少なくありません。
景気を測る指針は株価だけではなく、求人数も連動しているのです。
物流業界は現在のところ労働集約型の側面が強く、大きな事務所や倉庫に人員が配置されて作業を行っています。
業種によって様々ですが、入荷商品を作業したり仕分けして保管整理を行いながら、出荷伝票に応じてピッキングしてトラックへ積み込むのがワンセットになります。

人手不足な物流業界は意外と高待遇で働きやすい

物流業界、というと、長距離トラック運転手や倉庫での作業などが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
そういった仕事は、夜勤が多かったり長時間労働だったり、体力的にも厳しい仕事であり、高待遇とは真逆のイメージの仕事だと一般的には考えられているかと思います。
しかし、ここ数年の働き方改革の動きは、そういった業界にも明らかな変化をもたらしています。
例えば長距離トラックの運転手の場合、一日の労働時間や休憩時間はきっちりと法律で決まっています。
すべての時間が管理されているので、無理に深夜に長距離を走らなければいけないということもありませんし、しっかりと休憩をとることも義務付けられているのです。
倉庫での作業も、交代制が確立して、自分のリズムで働きやすい職場になっているところが多くなっています。
物流業界は厳しい仕事だというイメージのためか、人手不足で苦労している会社も多いので、実際に働いてみると意外な高待遇に驚くかもしれません。

物流業界に関する情報サイト
物流業界の問題を解決する対処法

物流業界は慢性的な人出不足だと言われています。什器やフォークリフトや自動詰み込むアームなど普及していますが、まだまだ人の手作業が必要な業界なのです。人が足らない時に作業を潤滑に行わなければならない時には、作業工程の見直しが大切になります。例えば無駄を省くことで、荷物の移動距離を減らしたり工程を省略可能になるのです。シューターの導入やバーコード管理も、省スペース化や作業効率のためにあります。1つ1つは微々たる改善でも、合わされば大きな効率改善に繋がるのです。

Search